絆コーポレーション
墓石について
提携霊園のご紹介
ご契約・建墓までの流れ
スタッフ紹介
お客様の声
会社概要
よくある質問

絆コーポレーション

よくあるご質問

トップページ >>よくあるご質問

お墓のQ&A

基本情報

Q1 永代使用料って何?

A お墓を設置する「土地」を使用する権利です。

 永代使用料の払い戻しを行うことはできませんので、墓地の選定には注意が必要です。

ページ先頭へ

Q2 親が墓石の購入を検討しています。親が亡くなった後、私が管理を引き継ぐことになったら、新たに永代使用料を払う必要はありますか?

A 一度お支払いになられていますので、新たに支払う必要はありません。

 永代使用料とは、子孫の代が続く限り永代に使用する権利に対する費用ですので、一度納めれば、代が変わるたびに必要になる費用ではありません。

 その際墓地の管理者(所有者)に継承者の変更を必ず、届け出て下さい。  

ページ先頭へ

Q3 管理料が払えなくなったらどうなるの?

A 墓地によっても違いますが、継承者がいなくなった場合は、永代使用権は剥奪され、無縁仏として整理されます。

 各墓地の管理規則を確認してください。

ページ先頭へ

Q4 お墓はいつ建てたら良いの?

A お墓を建てる時期に決まりはありません。

 御遺骨がある場合、四十九日、百ヵ日、遅くても一周忌までに建てるのが一般的とされています。

 最近はご子孫に負担をかけたくないということで生前建墓(寿陵)が大変多くなっています。

ページ先頭へ

Q5 生前にお墓を建てても良いのですか?

A 生前にお墓を建てることを寿陵と言います。

 古来中国では、生前にお墓を建てると健康で長生きをすると言われました。これは仏教の教えから来たものです。

 日本で最初に生前建墓されたのは、聖徳太子と言われています。

 人生の最後の大仕事として、ご自分のお墓を確認し、余生を安心して過ごされる方が増えています。

ページ先頭へ

Q6 墓石に家紋を入れなくてはいけないのですか?

A かつては家紋を入れるのが一般的でしたが、現在は洋型墓石が多く、家紋の代わりに花の絵を入れる方が多くなっています。

 デザインや文字に規制のある霊園もありますが、墓石に入れる文字などにこだわる方が増えています。

 当社ではクリスタルグラス製オリジナル家紋も取り扱っています。

 お問い合せください。

ページ先頭へ

Q7 斜面にある墓地の引越しをしたいのですが?

A お墓を移す、いわばお墓の引越しは「改葬」と言います。

 新旧両方のお墓から証明書を貰い、それを旧墓地のある役所・役場に持っていき、許可を貰うという流れになります。

 そしてお墓から魂を抜いたり入れたりする儀式を行います。

 高齢化に伴い、斜面にある墓地を改葬される方が増えています。

 

トップへ戻る